子どもと一緒にお家でできるタイピング練習に大切なコツとは?指の位置から簡単に覚えるオススメ無料サイト紹介!

暮らしプラス

子どもはタイピング覚えるのきっと早い!!

いつもはスマホやゲームに夢中な子ども達。教えたはずもない操作をいつのまにか体で覚えていて、サクサクと最新機器を操作してしまう子ども達って本当にすごいです

スマホやゲーム機、タブレットを当たり前のように使って生活しているけど、パソコンはあまり使ったことのない子どもも多いはず。

小学校、中学校ではプログラミング教育が必須になります。プログラミングのキーボード入力では普段使わない文字や記号も使うので、タイピング練習でキーボード配列を覚えておくと学習がスムーズに進められるようになります。

大学生でも、普段はスマホやタブレットだけで充分だとパソコン操作はよくわからないようです。

フリック入力には慣れていても、パソコンのタイピングは初心者なんです。

いざ課題やレポート作成であたふた。就職してパソコン操作に悪戦苦闘。でも正しく覚えてコツコツ練習すればすぐに上達します。楽しく始めれるサイトを紹介します。

タイピングを始める前に知っておきたいこと

タイピング練習を始める時に大切な3つのこと

  • はじめに正しく覚える

自己流タイピングで 変な癖がつく前に、はじめから正しい練習方法を知り、繰り返し練習することでブラインドタッチが出来るようになることを目指しましょう。

  • ホームポジションを覚える

基本の指の位置が「ホームポジション」です。キーボード入力では、どの指でどのキーを打つか決まっています。

まずは左の人差し指をキーボード中段の「F」に、右の人差し指を「J」の位置に置きます。ここから、それぞれの隣に中指、薬指、小指を置きます。キーボードには「F」と「J」のキーに突起など指で触れるとわかる目印がついていることが多いので、入力の途中でもキーボードを見ずにホームポジションに戻すことができます。

入力を始める前にホームポジションに指を置く。入力が終わる時にもホームポジションに戻す。自然にホームポジションに指が戻るようにすることでキーボードを見なくても打てるようになります。

  • キーボードを見ずに入力する

キーボードを見ずに入力できるように練習します。スマホのフリック入力も勝手に指が動くように、キーボードを確認しなくても指が動くようになります。練習の間はゆっくりでもいいので画面だけを見て入力するのが習得への近道です。正しく打てているかは入力した文字で確認ができます。最初はどの指を使うのかも画面で確認できるもので練習するのがオススメです。

ひらがなのローマ字入力を指が覚える方法

  • キーと指の位置を指に覚えてもらう

キーボード配列を指に覚えてもらいましょう。コツコツ続けることで画面の入力したい文字を、指が勝手に叩いてくれるようになります。

  • ひらがなを指に覚えてもらう

キーと指の位置を大体覚えたら、次はひらがなを指に覚えてもらいます。

これはひらがなを打とうとしたときに無意識に指がキーボードを叩いているようになる練習です。 例えば「は」を打とうとしたときに、指が「H」「A」のキーを叩きます。

スマホでのフリック入力で指が勝手に動くのと同じように、指に覚えてもらいましょう。

繰り返し練習すれば指が覚えてくれます。毎日15分練習を続けてみましょう。

タイピングの基礎を覚えるオススメ無料サイト

基本を指に覚えてもらうための練習ができるサイトを2つ紹介します。

FMVキッズ めざせ!タイピングマスター

サイトを開くと基本練習のページからスタートするので子ども達にも簡単です。

『きほんコース』では正しい指の使い方が覚えられるようになっています。キーボードの上段、中段、下段ごとの練習や、指ごとに使うキーの練習から始められます。

じつりょくアップコース』では文字入力の練習ができます。2文字、4文字、6文字、短文、昔話などの長文を入力するコースがあり、テンキーに特化したコースもあります。

くじけずに進めていけるスモールステップになっているのでおススメです。

前回の記録が残るので少しづつ上達してくのを確認出来てやる気アップに繋がります。

それぞれローマ字入力、かな入力に対応しています。

FMVキッズ めざせ!タイピングマスターはこちら

『my Tiping』ひよこでもできるタイピング練習講座

サイトにはタイピングの仕方、ホームポジションなど、わかりやすい解説があります。

タイピング練習(基礎編)』ではキーと指の位置を覚えるための練習ができます。合格基準があるので、それを目標に頑張れます。

タイピング練習(習得編)』ではひらがなの打ち方を指で記憶するための練習ができます。

まずは50音の反復練習です。慣れてきたら言葉や文章にもチャレンジできます。

『タイピング練習(特訓編)』では苦手な指の練習ができます。繰り返すことで動かせるようになるので集中トレーニングです。

my Tiping ひよこでもできるタイピング練習講座はこちら

楽しみながらタイピングが速くなるオススメ無料サイト

ある程度キーボードを見ずに打てるようになったら、次は速く正確に打てるようになる練習ですゲーム感覚で楽しみながら練習できるのでオススメです。

寿司打

回転寿司のお皿に合わせて現れる文字をタイピングしてどれだけ沢山食べられるかを競うゲームです。3,000円コース・5,000円コース・1万円コースから難易度を選べます。目的に合わせて「スピード重視」や「正確さ重視」なども選べます。

ふりがなつきプレイでは、漢字が読めなくても練習ができます。

「寿司打」はこちら

Popタイピング

タイピングでポップコーンを集め、1分間でどれだけ多くのポップコーンを集められるかに挑戦するタイピングゲームです。正確にタイピングすることでより沢山のポップコーンを集めることができます。

集めたポップコーンの数で「称号」がもらえるので、楽しくレベルアップが目指せます。『伝説のポップコーンマスター』を目指しましょう。

Popタイピングはこちら

my Typing

基礎から、特訓練習まで幅広く練習ができるサイトです。目的に合わせて練習メニューが選べます。有名な音楽の歌詞や漫画のセリフなどもあるので自分の興味のある問題を選んでで楽しく練習ができます。

『タイピング診断』では、診断後に自分では気付きにくいミスしやすい文字の練習メニューの提案も。苦手克服でタイピングスキルアップを目指せます。

myTypingはこちら

Typing Tube

動画の音楽に合わせてタイピングしていくゲームです。難易度によってレベル1~5まであります。子ども向けの簡単な曲から様々なジャンルの曲が選べるので楽しくタイピング練習ができます。

Typing Tubeはこちら

まとめ

まずは正しく覚えるための練習ができるサイトで繰り返し練習をします。そして楽しみながら練習できるサイトでゲーム感覚で遊んでいるうちにいつのまにかスラスラと正確なタイピングを目指しましょう。

早く上達するためのポイントは楽しく練習すること。自分に合ったタイピングゲームで楽しくタイピングスキルをGET!!

 

コメント

  1. […] つづきはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました